/

共産・小池氏、玉木氏の「全体主義」発言撤回を

共産党の小池晃書記局長は19日の記者会見で、連合と立憲民主、国民民主両党が個別に結んだ政策協定に盛り込まれた「左右の全体主義を排し」との表現に関し、国民の玉木雄一郎代表が「左右の全体主義は共産党のことだ」とした発言の撤回を求めた。

「わが党は戦前から軍国主義、ファシズムと闘い続け、民主主義と自由を何よりも大切にしている。全体主義と対極にある政党だ」と強調した。〔共同〕

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン