/

イージス8隻目「はぐろ」就役 海自、ミサイル防衛強化

海上自衛隊の新たなイージス艦「はぐろ」が19日、就役した。弾道ミサイル防衛(BMD)能力を備えた海自のイージス艦は、はぐろで8隻目。北朝鮮のミサイル開発の進展を念頭に2013年12月、閣議決定した「防衛計画の大綱」で掲げた増強目標が整うことになった。

19日、建造元のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場(横浜市)で引き渡し式と、海自の編成に入ったことを示す自衛艦旗の授与式を開催。岸信夫防衛相は隊員への訓示で、北朝鮮の弾道ミサイル開発と、中国の軍備拡張に触れ「国の平和と独立を守るのは自分たちだという気概を持って任務に励んでほしい」と述べた。

海自によると、はぐろは、昨年3月に就役した最新のイージス艦「まや」型の2番艦となる。基準排水量8200トンで全長170メートル、最大幅21メートル。建造費は約1700億円。長崎県の佐世保基地に配備する。艦名は山形県の羽黒山が由来だ。

まやとはぐろは、敵が発射したミサイルや航空機の精密な位置情報をほかの艦艇や航空機とリアルタイムで共有できる「共同交戦能力(CEC)システム」を海自で初めて採用したのが大きな特徴。運用の実態は不明だが、米軍との情報共有も可能とされる。日米共同開発の改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を搭載できる。

政府は中国の海洋進出をにらみ、イージス艦の南西諸島防衛への活用や、洋上勤務の長い隊員の負担軽減を目的に、秋田、山口両県へ地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を置く計画だったが昨年停止。代替として「イージス・システム搭載艦」2隻をイージス艦8隻とは別に導入する方針を決めたが、詳細な設計や機能は決まっていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン