/

河野氏、与党に協力要請 ワクチン「オールジャパンで」 

河野太郎規制改革相は19日、自民・公明両党の幹部と会談し、新型コロナウイルスのワクチン接種で協力を要請した。終了後、記者団に「ワクチンを届けるのは自治体はもちろん国民にも協力いただかないといけない」と述べた。「オールジャパンで頑張りたい」と強調した。

自民党本部で同党の二階俊博幹事長らと相次いで会い、協力を求めた。公明党の山口那津男代表とも面会した。河野氏はワクチン接種に関し「米国や英国のようになかなか進んでいないところが多くある。相当難しい」と指摘した。

接種のスケジュールについては「今日から現状把握を始めたところだ。しっかりと情報発信できるようになったらやりたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン