/

この記事は会員限定です

自民・塩崎氏「大病院で患者受け入れ拡大を」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策を巡り、人口あたりの病床数が多い日本で受け入れ先の病床数の逼迫がなぜ起きるのか。政府の対策について自民党の塩崎恭久元厚生労働相に聞いた。

政府の感染症法改正案は本来、厚労相と知事が大病院に重症患者らの受け入れを要請・指示できると明記すべきだ。

改正案は16条の2で、厚労相や知事が病床確保への協力を「医師その他の医療関係者」らに「勧告」できるようにする。要請より強い措置だ。正当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン