/

「韓国の姿勢表明だけで評価できず」 茂木外相、徴用工・慰安婦問題巡り

(更新)

茂木敏充外相は19日の記者会見で元徴用工問題や旧日本軍の元従軍慰安婦問題に関して「解決したいという韓国の姿勢の表明だけで評価するのは難しい」と述べた。「韓国側からの具体的提案を見て評価したい」とも語った。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の18日の記者会見での発言に関する質問に答えた。文氏は元徴用工訴訟を巡り、日本企業の資産現金化は「韓日関係に望ましくない」と言及した。日本政府に賠償を命じた慰安婦訴訟判決に関しても「解決策を協議したい」と話していた。

自民党の外交部会などの合同会議は19日、判決に対する非難決議を外務省に提出した。政府に国際司法裁判所(ICJ)への提訴を含めて「あらゆる断固たる対抗措置」を検討するよう求めた。

日本政府の資産差し押さえに備えて、日本国内にある韓国政府の資産凍結や金融制裁などの対抗措置も検討するよう促した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン