/

総務省局長更迭、来週にも懲戒処分検討 首相長男接待問題

倫理違反の疑い強まる

衆院予算委で答弁する武田良太総務相(19日)

菅義偉首相の長男による総務省幹部の接待問題で、秋本芳徳情報流通行政局長が19日の衆院予算委員会で会食中に衛星放送に絡む話が出たと認めた。国家公務員倫理規程に反する疑いが強まった。武田良太総務相は国会審議への影響を回避するため幹部2人を事実上更迭した。

来週にも懲戒処分を検討する。処分を決める前に更迭するのは異例といえる。

秋本氏が会食での放送に絡む話を認めたことで2つの問題が浮上した。秋本氏と湯本博信官房審議官の答弁の矛盾と、公務員倫理上の問題だ。

秋本氏は17日までの国会質疑で、昨年12月10日の会食時に衛星放送の話題が出たかを聞かれ「記憶はない」と答弁していた。週刊文春が会食時の音声データを公開すると、19日に一転して「BS、CS、スターチャンネル等に関する発言はあったのだろう」と認めた。

秋本氏は音声データを聞き「天を仰ぐような驚愕(きょうがく)の思いだった。会話をほとんど記憶していなかった」と釈明した。

湯本氏も19日は曖昧な答弁を繰り返した。衛星放送一般の話が出たかどうかは「確たる記憶はない」と答えた。これまでの国会審議では「スターチャンネル含め、東北新社の事業の話は一切なかった」と明言していた。

野党はこれまでの答弁が「虚偽だった」と迫った。武田氏は秋本、湯本両氏の人事異動について「国会審議を円滑に進めるため」と説明した。答弁の矛盾が問題になりそうな両氏をまず幹部から外し、予算審議への影響を回避しようとしたとみられる。

首相の長男と会食した4人の公務員倫理上の問題については、総務省が来週にも調査結果をまとめる。人事院の国家公務員倫理審査会の承認を経て処分を決める。4人のうち谷脇康彦総務審議官は次官候補とされ、処分の行方が注目されている。

武田氏は19日の記者会見で「懲戒処分が必要であれば国家公務員倫理審査会の承認を得て、速やかにする」と言明した。

秋本、湯本両氏と谷脇、吉田真人両総務審議官の4人は昨年、放送事業会社「東北新社」に勤める首相の長男と相次ぎ食事をともにした。長男が省庁の許認可を受ける「利害関係者」と認定されれば、国家公務員倫理規程に抵触する。

国家公務員倫理規程は利害関係者からの接待を禁じる。秋本氏は首相の長男について「(会食の)誘いを受けた時点で利害関係者ではないと思い込んでいた」と語り認識が甘かったと弁明した。

現在は「利害関係者と認識している」と言及した。問題が表面化しなければ倫理規程が形骸化していたおそれがある。

立憲民主党の森山浩行、道下大樹、山岡達丸各氏が質問した。

衆院予算委は22日に集中審議を開く。総務省は同日までに会食費や土産代の金額などについて報告する方針だ。集中審議には谷脇、吉田両氏も出席する。

国家公務員倫理規程は旧大蔵省の接待問題など公務員の収賄事件を受け2000年に施行された。利害関係者からの接待を禁じるほか、自らが負担する場合でも飲食費が1万円を超える際は事前の報告が必要となる。

国家公務員の懲戒処分には免職、停職、減給、戒告の4段階ある。戒告を受けると処分後1年間昇任できない。課長級以上の場合、その期間は減給だと1年半、停職だと2年間に延びる。

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざんでは、当時理財局長だった佐川宣寿氏らが停職処分相当とされた。文書管理の責任を担う官房長だった岡本薫明氏は懲戒より軽い厳重注意にとどまり、後に財務次官になった。

「倫理規程の趣旨に反する」西尾隆・国際基督教大特任教授

内閣人事局の創設で、首相官邸の人事への影響力が大きくなった。会食した幹部が首相の長男からの誘いを断りにくかったのも事実だろう。しかし放送行政に許認可権をもつ総務省の職員として、国民から疑念を持たれること自体が国家公務員倫理規程の趣旨に反する。

倫理規程で定める利害関係者の定義は幅広い。4人の幹部は会食の誘いを受けた時点で少なくとも倫理監督官である事務次官などに報告・相談すべきだった。

細かいルールを含む倫理規程は厳しすぎるとの声もあるが、改正を重ねておおむね妥当なルールになっている。多くの公務員は忠実に倫理規程を順守しているはずだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン