/

駐韓公使の不適切発言「極めて遺憾」 官房長官

不適切発言をしたと問題になった相馬弘尚・駐韓総括公使=聯合・共同

加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、相馬弘尚・駐韓総括公使の不適切発言を巡り「いかなる状況、文脈の下であったとしても大変遺憾だ」と述べた。相馬氏の人事は茂木敏充外相が判断すると強調した。

相馬氏は韓国メディアの取材の際に、文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交姿勢を性的な言葉を使って表現したと問題になっている。

加藤氏は東京五輪に合わせた日韓首脳会談の開催について「現段階で文大統領の訪日は確定していない」と語った。「おこしになるのであれば外交上丁寧に対応する」とこれまでの説明を繰り返した。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン