/

「孤独・孤立対策室」内閣官房に設置

少子化相「不安埋める存在に」

 「孤独・孤立対策担当室」の看板を掛ける坂本1億総活躍相(右から2人目)。左端は谷内繁室長=19日午後、東京都千代田区(代表撮影)

政府は19日、新型コロナウイルス禍で深刻さを増す孤独・孤立問題の対策室を内閣官房に設けた。自殺防止や高齢者の見守りなど関係府省にまたがる政策を束ねる司令塔になる。

内閣府や厚生労働省などの関係府省から兼務を含め31人の体制で始動する。室長には財務省出身で、厚労省で生活保護を担う社会援護担当審議官の経験がある谷内繁内閣審議官を充てた。

孤独・孤立問題を担当する坂本哲志少子化相は職員への訓示式で「不安を持っている人に親身に寄り添い、対策室が社会の不安を埋める存在になりたい」と語った。これに先立ち、自身が揮毫(きごう)した看板を対策室の入り口に掛けた。

政府は月内に支援団体を招いた緊急フォーラムを開き、課題の整理に着手する。菅義偉首相も出席する予定だ。府省横断の連絡会議も設け、関係閣僚の参加も検討する。

夏にまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)に対策を反映し、予算の確保をめざす。

首相はコロナ禍で長引く外出自粛に伴い他人との接点が減り、社会から孤立する人が増えているとみて12日に担当閣僚を設け、坂本氏を起用した。2020年の自殺者数の11年ぶりの増加もコロナの感染拡大が影響しているとみて問題点を洗い出す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン