/

処理水「先送りできない」 官房長官が福島視察

(更新)
福島第1原発の敷地を埋め尽くす処理水タンク。奥左は原発4号機

加藤勝信官房長官は19日、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分に関し「いつまでも方針を決めず、先送りすることはできない」との認識を示した。

視察先の福島県大熊町で記者団の質問に答えた。加藤氏は同日、東日本大震災からの復興状況を確認するため、就任後初めて福島県を訪れた。

原発の処理水を保管しているタンクは2022年夏にも容量が限界となる見込みで、政府は海洋放出を検討。加藤氏は「廃炉作業が滞ることがないようにする必要がある」として適切なタイミングで政府として責任を持って処分方針を決めると強調した。

同県浪江町では、農業再生を支援するNPO法人「Jin」を訪れ、ビニールハウスで栽培されたマリーゴールドを観賞した。

「東日本大震災・原子力災害伝承館」を視察する加藤官房長官(右から3人目。19日午後、福島県双葉町)=共同

その後双葉町に移動し「東日本大震災・原子力災害伝承館」を訪れた。原発に代わる新産業を創出する「福島イノベーション・コースト構想」のシンポジウムで「復興の加速化を内閣の最重要課題として引き続き取り組んでいきたい」と強調。大熊町役場で吉田淳町長と会談した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン