/

橋本氏、一転自民離党へ 議員は辞職せず 

五輪組織委会長就任を巡り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
二階幹事長に離党届を提出後、記者団の質問に答える橋本聖子組織委会長(19日午後、党本部)

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の新会長に就いた橋本聖子参院議員は19日午後、所属する自民党へ離党届を提出した。同日午前にいったんは離党しない考えを表明したが、野党の反発を受けて一転、離党を決めた。党北海道連会長も辞任する。参院議員は辞職しない。

党本部で二階俊博幹事長と会い、離党届を出した。22日に開く党紀委員会の審査を経て、離党が正式に決まる。橋本氏は二階氏との会談後、記者団に「透明性を持って国民に歓迎される会長を務める。政党に所属すれば国民に理解してもらえない」と述べた。

離党を巡る判断が揺らいだことについて「混乱を招き心からお詫びしたい」と陳謝した。「東京大会をより確実に安心安全に成功させることが恩返しになる。全力を尽くしたい」と強調した。

立憲民主党など野党は橋本氏が当初、離党しないと明言したことに反発していた。

立民の岡田克也氏は19日の衆院予算委員会で「政治的中立の原則に反する」と指摘した。安住淳国会対策委員長は同日の党会合で「五輪の政治利用だ。徹底的に異議を申し立てる」と批判した。

オリンピック憲章は「オリンピック・ムーブメントにおけるスポーツ団体は政治的に中立でなければならない」と定める。この「団体」に組織委も含まれる。

橋本氏は18日、女性を蔑視した発言で引責辞任した森喜朗元首相の後任として組織委の会長に就任した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン