/

自民、ワクチン円滑接種へPT設置 座長に鴨下氏

自民党の下村政調会長(19日、党本部)

自民党は新型コロナウイルス感染症のワクチンの円滑な接種に向け、党のプロジェクトチーム(PT)を設ける。下村博文政調会長が19日、党本部で開いた政調審議会で表明した。座長は鴨下一郎元環境相が務める。

下村氏は「国民の不安を増長させることがあってはならない。しっかり政府をサポートする」と述べた。「河野太郎規制改革相がワクチン担当に任命されたことを受け、党も対応したい」とも語った。

PTは党の新型コロナ対策本部と社会保障制度調査会の合同で作る方針だ。ワクチンの管理や接種体制を巡る関係府省と地方自治体の連携などを支える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン