/

河野規制改革相、ワクチン「一日も早い接種に全力」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

河野太郎規制改革相は19日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種について「国民が安全で有効なワクチンを一人でも多く、一日でも早く接種できるよう全力を尽くす」と強調した。自身の役割に関し「輸送や保管、(接種する)会場の設定などを担当する」と説明した。

菅義偉首相は18日、ワクチン接種を円滑に進めるための担当閣僚を新たに置き、河野氏を充てると表明した。首相は米製薬大手ファイザー社のワクチンに関し、2月下旬までの接種開始をめざす。担当の副大臣には藤井比早之内閣府副大臣と山本博司厚生労働副大臣を起用する。

河野氏は19日の記者会見で、関係省庁や自治体、医療機関などを念頭に準備状況を幅広く聴取する考えを示した。「役所に限らず、全ての関係するところからヒアリングしたい」と述べた。「業界をはじめ、関係の方との連携は非常に強くしなければならない。現状を聞いた上で体制を考える」とも語った。

加藤勝信官房長官は同日の閣議後の記者会見で、河野氏の起用に関し「各省庁にまたがる調整で手腕を発揮してほしい」と話した。「ワクチン接種の広報、発信も当然含まれる」と指摘した。

自民党の二階俊博幹事長は同日の記者会見で、担当閣僚の新設について「政府が一体となってこの問題に果敢に挑戦していく姿勢だ」と訴えた。「速やかに大人数に接種してもらわないといけない。相当な気構えでやっていく思いを内外に発した」と説明した。

河野氏の人選に関しては「適材適所に尽きる」と語った。「自民党は人材が豊富だ。代わる優秀な人材はいくらでも用意できるが今はとりあえず河野氏だ」とも述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン