/

この記事は会員限定です

自民総裁選「9月実施」強まる 早期の衆院解散難しく

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

自民党総裁選を9月に予定通り実施する見通しが強まってきた。22日投開票の横浜市長選で菅義偉首相の支援した候補が敗れ、早期の衆院解散は難しいとの見方が広まった。総裁選は首相以外の立候補者がいれば、3年ぶりに国会議員票と党員・党友票によって競う形になる。

自民党は26日に党選挙管理委員会を開き、総裁選の日程を決定する。「9月17日告示・同29日投開票」となる公算が大きい。

菅政権の新型コロナウイルスへ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン