/

東京五輪の開催判断「3月下旬が目安」 自民政調会長

自民党の下村博文政調会長は18日夜のBS日テレ番組で、今夏予定の東京五輪・パラリンピックの開催可否の判断時期に関し「3月下旬ぐらいが一つの目安だと思う」と述べた。新型コロナウイルス感染症の今後について「日本だけでなく、世界中で感染拡大が止まる状況ではない」と懸念を示した。

〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン