/

歴史問題解決に努力 自民幹事長と新韓国大使が面会

自民党の二階俊博幹事長は18日、韓国の姜昌一新駐日大使と党本部で会い、着任あいさつを受けた。日本側同席者によると、両氏は日韓関係を悪化させている歴史問題の解決に向けて努力する考えで一致した。姜氏は面会後、記者団に「儀礼的な話をした。あいさつだけだ」と述べた。

姜氏は12日、秋葉剛男外務事務次官に韓国政府の信任状の写しを提出し、大使としての活動を始めた。ただ、菅義偉首相や茂木敏充外相との面会は見通しが立っていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン