/

この記事は会員限定です

新「X論文」が問う備え 米中対立の先にあるもの

風見鶏

[有料会員限定]

今年に入り外交当局者の間で話題となっている匿名の論文がある。1月下旬に発表された「より長文の電報」(The Longer Telegram)だ。その題が示す通り、米外交官、ジョージ・ケナン氏による1946年の有名な「長文電報」(The Long Telegram)をオマージュしている。

当時、ケナン氏はモスクワから米国務省あての公電で旧ソ連への封じ込め戦略を提言した。トルーマン米政権内で共有され、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン