/

この記事は会員限定です

尖閣警備の巡視船5割増 中国公船への対応強化

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は沖縄県尖閣諸島周辺の領海警備などにあたる巡視船を急ピッチで整備する。1000トン以上の大型巡視船を2023年度に22隻とし、現在の15隻から5割増やす。20年は尖閣周辺の接続水域内で中国公船の航行が過去最多を更新した。中国の海洋進出への対処を強化する。

海上保安庁によると20年に接続水域を航行した中国公船は21日時点でのべ1135隻となった。08年の統計開始以来、初めて1000隻を超えた昨年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン