/

自民・下村氏、都議選と同日選に言及 次期衆院選巡り

(更新)
記者会見する自民党の下村政調会長(17日、党本部)

自民党の下村博文政調会長は18日、都内で講演した。次期衆院選の時期を巡り、7月4日投開票の都議選と同日選になる可能性に言及した。「菅義偉首相の立場で考えれば、選択の幅として都議選と一緒ということも頭の隅にあるかもしれない」と話した。

衆院議員が任期満了を迎える10月に近くなり「『追い込まれ解散』というふうな構図はつくりたくない」と指摘した。

「勝負するタイミングはどこかを考えたときに、必ずしも9月、10月という選択肢だけではない」と触れた。4月以降は「いつ衆院解散があってもおかしくないという常在戦場で準備をしていかなければならない」と語った。

4月前半にも予定する日米首脳会談に関して「大きな成果になり、内閣支持率にもプラスになるような訪米になる」と述べた。新型コロナウイルスの国内での感染状況を考慮する必要があるとの認識も示した。

森山裕国会対策委員長は18日、TBSのCS番組収録で都議選に力を入れる公明党が同日選を嫌うのではと問われ「公明は首相が決断すればご理解いただけると思う」と発言した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン