/

この記事は会員限定です

アジア系への憎悪犯罪 識者に聞く

[有料会員限定]

米国でアジア系住民を狙ったヘイトクライム(憎悪犯罪)が大きな社会問題になってきた。バイデン大統領は「アジア系への残忍な行為は問題だ」と懸念を表明し、日本外務省は米国在住の邦人に領事メールで注意を呼びかける。問題の背景や日本政府の対応のあり方を専門家に聞いた。

横江公美・東洋大教授 「行き場のない不満が暴発」

アジア系への犯罪は米国や欧州で増えている。新型コロナウイルスの感染者や死者の数が膨れ上がり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン