/

立民・枝野氏「解除は時期尚早」 緊急事態宣言めぐり

国民民主・玉木氏「お手上げ解除だ」

(更新)
記者団の取材に答える立憲民主党の枝野代表(17日午後、東京都千代田区)=共同

立憲民主党の枝野幸男代表は18日の衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の全面解除に反対すると表明した。「解除は時期尚早で、反対せざるをえない」と述べた。

「東京や埼玉ではリバウンドが始まっている。解除を強行して第4波が生じたら内閣総辞職では済まない大きな政治責任が生じる」と訴えた。

菅義偉首相は「一日も早く収束することに全力を尽くすのが私の責任だ」と強調した。

共産党の志位和夫委員長は記者会見で「政府の対策の行き詰まりと破綻を示すものだ」と批判した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「打つ手がなくて解除するなら『お手上げ解除』といわざるをえない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン