/

この記事は会員限定です

「首相の地元」敗北で打撃 横浜市長選、自民に逆風鮮明

[有料会員限定]

22日投開票の横浜市長選で菅義偉首相が支援した小此木八郎氏の落選が決まった。首相の地元での敗北は自民党総裁選や衆院解散を巡る首相の戦略を直撃する。党内は支持回復に向けて党総裁選の実施に活路を求める。

8人が出馬する混戦で、立憲民主党が推薦した元大学教授の山中竹春氏が当選を決めた。自民党は小此木氏と現職の林文子氏に支援が分かれ、双方とも及ばなかった。

首相の側近、坂井学官房副長官は22日夜、横浜市内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン