/

この記事は会員限定です

官邸の意向忖度、官僚縮む 首相指示に人事カード意識

小選挙区制の功罪 誤算の四半世紀

[有料会員限定]

衆院小選挙区制の実施から四半世紀で首相官邸主導の政策運営が進んだ。首相の指示が直接省庁に行き渡り、省庁縦割りを排し素早い執行につながる。「官邸の意向」への忖度(そんたく)など官僚の畏縮という負の側面も目立ってきた。

「過去に例のない2兆円の基金を創設する」。菅義偉首相は18日召集の通常国会の施政方針演説で、肝煎りの脱炭素の研究・開発を支援する重要性を訴える。

昨年段階で基金構想を立案した経済産業省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1244文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン