/

この記事は会員限定です

地域おこし経験者、移住で年最大650万円 総務省

[有料会員限定]

総務省は2021年度から、地域おこしなどに携わった経験のある人の移住を支援する新制度を始める。地方経済の活性化につなげる。地方自治体が雇う場合、報酬を含めて1人あたり1年で最大650万円を交付税で配る。

新設するのは「地域プロジェクトマネジャー」制度で、専門的な見地から特産品づくりやイベントなどにかかわり、現場責任者として事業を統括する役割を求める。

地方に移住して地域振興を担う「地域おこし協力隊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン