/

自民選対委員長「久々の勝利に安堵」 兵庫県知事選受け

記者団の取材に応じる自民党の山口選対委員長(18日、党本部)

自民党の山口泰明選挙対策委員長は18日、兵庫県知事選で自民党と日本維新の会が推薦する元大阪府財政課長の斎藤元彦氏が当選を決めたことを受け「久々に勝利し、安堵感がある」と述べた。党本部で記者団に語った。

4月の衆参の3補欠選挙・再選挙で1議席も得られなかった。千葉や静岡の県知事選では自民党の推薦候補が敗れた。

共同通信などの7月の世論調査で菅内閣の支持率が発足以来で最低となったのにも言及した。「謙虚に受け止めて、ひとつひとつ丁寧にやっていくことに尽きる」と話した。

菅義偉首相が衆院解散前の内閣改造に慎重な考えを示したのに関しては「(首相は)ワクチンをしっかりやった時点で次の行動をとるだろう」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン