/

この記事は会員限定です

総裁選討論、経済政策「詰め」残す 財源など踏み込まず

[有料会員限定]

自民党総裁選の4候補は18日、日本記者クラブ主催の討論会に臨んだ。年金制度改革やエネルギー政策、成長戦略などで論戦を交わした。具体的な財源や期限、手法に踏み込まない場面が目立ち、政策論争は詰めを残した。

討論会は河野太郎規制改革相が唱える年金改革が焦点となった。消費税を基礎年金の財源に充てて最低限の年金額を保障する「最低保障年金」構想に質問が相次いだ。税と保険料を半分ずつ財源とする現在の仕組みを変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン