/

黒田日銀総裁「金融緩和、相当長く続ける」 首相と会談

(更新)
菅首相との会談を終え、記者の質問に答える日銀の黒田総裁(18日午前、首相官邸)

菅義偉首相は18日午前、首相官邸で日銀の黒田東彦総裁と会談した。会談後、黒田総裁は記者団に対し「最近の世界経済の情勢や金融市場の動きについて説明した」と語った。日銀が3月に結果を示す金融政策の点検については「具体的な内容はこれからなので何も申し上げなかった。首相からも特にコメントはなかった」と述べた。

黒田総裁は菅首相との会談を「定例的な会合」と説明した。安倍晋三前首相のころから官邸で経済・金融市場について意見交換しており、菅首相が就任した2020年9月にも会談している。

この日の会談では経済情勢について、黒田総裁から日本の輸出・生産活動の回復やサービス以外の消費の持ち直しなどを説明したという。金融政策を巡っては、物価の弱さなどから「金融緩和を相当長く続ける必要がある。政策効果をより発揮し、持続できるようにする観点から点検するということを話した」という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン