/

安倍前首相、国会招致応じる意向 「桜」前夜祭巡り

(更新)
 安倍晋三前首相

安倍晋三前首相は18日、後援会が主催した「桜を見る会」前夜の夕食会の費用補塡疑惑に関し、東京地検特捜部の捜査終結後、国会招致要請に応じる意向を示した。国会内で記者団に「当然、国会に対しても、誠実に対応していきたい」と明言した。

立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に「偽証罪に問えるような厳しい状況で答弁してしかるべきだ。証人喚問に値する」と要求した。

安倍氏は「この問題については現在、検察で捜査中だが、結果が出次第、誠意を持ってお答えさせていただきたい」と語った。

安住氏は「国民が見られる形にしないと意味がない。今年中に実現するのは当然だ」と述べ、予算委員会で説明が必要だと強調した。

公明党の石井啓一幹事長は記者会見で「疑惑を持たれた政治家が自ら説明責任を果たしていくことが重要だ。安倍氏がしっかり説明することを期待したい」と述べた。

加藤勝信官房長官は会見で「コメントを控える」とした上で「国会で決めたことに政府として誠実に対応したい」と語った。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン