/

首相「効果への期待感じた」 ワクチン接種会場を視察 

(更新)
新型コロナウイルスワクチンの先行接種会場を視察する菅首相(18日、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター)=代表撮影

菅義偉首相は18日、国立病院機構東京医療センター(東京・目黒)を訪問して新型コロナウイルスワクチンの先行接種の状況を視察した。受け付けから接種までの一連の過程について医師の説明を受けた。

視察後、記者団に「医療従事者は効果を大いに期待していると感じた。一日も早く全国の皆さんにお届けしたい」と語った。

同センターは17日に始まったワクチン接種で国内最初の会場となった。

首相は「ワクチンはどういうふうに?」「きょうは何人くらいいらっしゃった?」と質問しながら、ワクチン瓶や注射器を見て回った。接種後に副作用が起きないか経過観察するためのスペースも見学した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン