/

17日の衆院予算委論戦のポイント

衆院予算委員会論戦のポイントは次の通り。

ワクチン接種

田畑裕明氏(自民)対象年齢の引き下げは。

小鑓隆史厚生労働政務官 今後必要なデータがそろえば、安全性を改めて評価し、検討することもあり得る。

田畑氏 へき地での医療人材確保策は。

正林督章厚労省健康局長 4月1日から接種会場を含む医療機関への看護師派遣を可能とする。

国光文乃氏(自民)国内での開発は重要だ。

菅義偉首相 国内生産の体制確立は極めて重要な危機管理だ。治療薬やワクチン開発に向けた産業を徹底支援したい。

中野洋昌氏(公明)世界でワクチン争奪戦の様相が強まっている。

田村憲久厚労相 日本でも開発、生産できるよう頑張りたい。

長妻昭氏(立民)ワクチンにかける思いは。

首相 感染拡大防止の決め手になる。国民に副反応などの情報を公開する中で接種を進める。何としても感染収束に向かわせたい。

長妻氏 欧米と比べ開始が遅れた。

首相 日本人を対象にした治験を行う必要があり、時間を要したことは事実だ。指摘は真摯に受け止める。

岡本充功氏(立民)米ファイザー製ワクチンの第2便の供給量や、第3便の到着時期は。

河野太郎行政改革担当相 さまざまなやりとりをしている。量については差し控える。

総務官僚接待疑惑

後藤祐一氏(立民)東北新社子会社の衛星放送事業の許認可が絡む時期に関係者と会食したか。献金も受けている。

首相 元社長らと数回会食した。(許認可が絡む時期については)記憶は定かではないが、ないと思っている。2012~18年に計500万円の献金があった。

後藤氏 16日の衆院本会議で「放送行政がゆがめられたということは全くない」と断言した。

武田良太総務相 「現時点で」と申しあげた。

後藤氏 首相の長男との会食で放送業界の話題や「BS」「CS」といった言葉のやりとりは。

秋本芳徳総務省情報流通行政局長 記憶はない。

東京五輪

長妻氏 組織委員会新会長の選考メンバーや会合は非公開だ。透明性は十分か。

首相 オープンな形で決めてほしいと強く申し上げた。私が口を出すべきことではない。組織委の中で決められる。ルールに基づき決定すると考えている。

孤独対策

中野氏 弱い立場の人に寄り添った対策を。

首相 国民の生活やなりわいに常に思いをはせながら、必要な支援を行いたい。

藤田文武氏(維新)社会保障分野でも災害や感染症に即応できる社会システム構築が必要だ。

首相 包括的な相談体制構築のため、孤独問題を担当する閣僚を置いた。次の有事の際は即応できるよう整えている。

中国海警法

前原誠司氏(国民)中国海警局の武器使用を認める海警法は国際法違反の懸念がある。

首相 国際法との整合性の観点で問題ある規定を含むと考えている。

米軍機低空飛行

赤嶺政賢氏(共産)沖縄県各地で目撃された低空飛行訓練で県民は不安を感じている。

首相 地元に与える影響が最小限にとどまるよう防衛省、外務省に対応させたい。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン