/

武田氏、NTT幹部と会食か 文春オンラインが報道

(更新)
総務省幹部への接待問題で答弁する武田総務相。後方はNTTの澤田社長㊨と東北新社の中島社長㊧(16日、衆院予算委)

武田良太総務相がNTTの澤田純社長らと昨年11月に会食していた可能性が高いことが17日、分かった。JR東海の葛西敬之名誉会長や遠藤典子NTTドコモ独立社外取締役も同席。JR東海は共同通信の取材に対し「会食は事実だ」とのコメントを発表した。武田氏は周辺に「顔を出しただけで会食はしていない」と話しているという。

武田氏は18日の衆院総務委員会に出席する予定で、事実関係を説明するとみられる。NTTは「事実関係を調査中」としている。

武田氏は、これまでの国会答弁で「国民の疑念を招くような会食や会合に応じることはない」と繰り返し、NTT側との会食の有無について明言を避けていた。会食が事実であれば、費用負担や会話の内容などについて説明が求められそうだ。

文春オンラインが17日報じた。それによると、武田氏は総務相就任後の昨年11月11日、東京都内のホテルの日本料理店で澤田、葛西、遠藤各氏との会食に同席した。JR東海は葛西氏が3氏と会食した事実を認めた上で、宇宙関連の意見交換をしたと説明した。

会食当時はNTTがドコモの完全子会社化に向けた株式公開買い付け(TOB)を実施中で、終了後にドコモが打ち出す携帯電話料金引き下げの内容に注目が集まっていた。

武田氏は昨年11月20日、それまで評価していたKDDI、ソフトバンクの格安ブランドでの値下げを批判。ドコモが12月3日、武田氏が求める本体ブランドとしての低価格の新プラン「ahamo(アハモ)」を発表すると、菅義偉首相と武田氏は高く評価した。

NTTは事業計画策定や役員選任に総務省の認可が必要だ。自民党の野田聖子幹事長代行、高市早苗衆院議員が総務相在任中にNTT側と会食していたことも明らかになっている。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン