/

この記事は会員限定です

出勤減へ「週休3日」の損得 コロナ下で導入拡大機運

政界Zoom

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で出勤を減らす措置として週休3日制の導入案が浮上してきた。自民党は柔軟な勤務体系は女性の働きやすさにもつながるとみて検討を始めた。経済効果は消費拡大と所得減少の2つの面があり、経済成長と両立させるには企業の生産性向上が不可欠となる。

自民党の一億総活躍推進本部は1月、週休3日制に関する猪口邦子本部長の試案を公表した。希望者が週休3日制を選択できる仕組みを「広範に導入する」よう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン