/

緊急事態宣言21日で全面解除 変異型監視など5つの対策

think!多様な観点からニュースを考える
記者会見で緊急事態宣言の全面解除について説明する菅首相(18日午後、首相官邸)

政府は18日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を21日の期限をもって全面解除すると決めた。感染が再び広がらないよう変異ウイルスの有無を調べる検査の拡充など5つの対策に乗り出す。宣言を先行解除した地域には新規感染者が増えた自治体もある。再拡大防止策は決め手を欠く。

新型コロナ対策本部で東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の解除を決めた。同地域は7日だった期限を21日まで再延長していた。これにより1月7日に決めた2度目の宣言は全国で終わる。

菅義偉首相は記者会見で「再び緊急事態宣言を出すことがないよう5つの対策をしっかりやるのが私の責務だ」と述べた。「リバウンドが懸念されている。解除される今が大事な時期だ。大人数の会食は控えてほしい」と呼びかけた。

解除決定には病床の使用率を重視した。1都3県はいずれも最も深刻な「ステージ4」から脱した。直近1週間の新規感染者数は「ステージ2」の水準になった。

解除後は自治体と協力し新型コロナ対策を段階的に緩める。飲食店の営業時間はこれまでの「午後8時まで」から「午後9時まで」にずらす。時短に協力した事業者への協力金は1日あたり6万円から4万円に減らす。

基本的対処方針に5つの対策を盛り込み改定した。変異ウイルスの有無を調べる新規感染者へのスクリーニング検査の実施率を今の5~10%から「早期に40%程度まで引き上げる」と記した。

都道府県による病床や宿泊療養施設の確保計画も5月までに見直す。回復した患者の退院を促し効率的に病床を使う。1日あたりの新規感染者数が第3波ピーク時の8000人の2倍程度でも対応できるようにする。

高齢者施設のクラスター(感染者集団)防止へ3月中をメドに集中検査する。1都3県を含む10都府県が対象。4月から6月にも定期的に実施する。首相は無症状者へのモニタリング検査について「大都市で拡大し、来月には1日5000人規模にする」と説明した。

政府は7月に開幕予定の東京五輪・パラリンピックを見据え対策に取り組む。基本的対処方針は「必要な対策はステージ2相当以下に下がるまで続ける」と強調する。

対策が想定通り進む保証はない。病床確保計画は第1波の患者数などを踏まえ2020年7月に作成した。第2波で想定は見直されず病床数を減らした自治体もあった。

20年の感染拡大当初は治療に必要な検査も受けられない事態が頻発した。PCR検査能力は1日17万回まで増えたが拡大の予兆をつかむ検査はなお足りない。政府は4月をメドに新たな検査体制の整備計画をまとめる。

2月28日をもって解除した大阪や京都、福岡など6府県のうち岐阜をのぞく5府県は新規感染者が先週より増えた。他の地域でも宮城県は仙台市でクラスターが発生し、18日に独自の緊急事態宣言を出した。福島県は病床使用率が「ステージ4」の50%前後になった。沖縄県も10万人あたりの感染者数が増えている。

再拡大した場合は宣言時と同等の対策を知事に認める「まん延防止等重点措置」を使う。それでも止まらなければ3回目の宣言が避けられない。

西村康稔経済財政・再生相は18日の記者会見で感染状況を判断する6つの指標と4つのステージについて基準を見直す可能性を示した。ワクチン接種や変異ウイルスの感染拡大を挙げ「基準は状況に応じて変わる」と語った。

感染収束への道筋を見いだせない中での手探りの宣言解除となる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン