/

質問しない閣僚「退出して結構」 立民・後藤氏

立憲民主党の後藤祐一氏は17日の衆院予算委員会で、自らが質問する予定のない閣僚に退出を促した。質疑の冒頭「ワクチンの話をするつもりはない。退出していただいて結構だ、お忙しいでしょうから」と話し、閣僚や各省庁の官僚に配慮する姿勢を見せた。

17日は新型コロナウイルスのワクチン接種を主なテーマにした集中審議だった。田村憲久厚生労働相や河野太郎規制改革相らに開始から終了までの原則出席を求めていた。

後藤氏は総務省幹部の接待問題に質疑時間の大半を使った。質問の予定がない閣僚の国会出席が霞が関の働き方改革の妨げになっているとの指摘がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン