/

首相、国産ワクチン開発「重要な危機管理」

産業支援に意欲

衆院予算委で答弁する菅首相(17日午前)

菅義偉首相は17日の衆院予算委員会で、感染症のワクチンや治療薬を国内で開発するため、ヘルスケア産業の支援に意欲を示した。「予期せぬ感染症の治療薬を開発・生産できる体制の確立は極めて重要な危機管理だ」との認識を示した。

自民党の国光文乃氏が米ファイザーなど海外製ワクチンに頼っている日本の状況について質問した。首相は「徹底した支援が必要だと痛感している」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン