/

首相、18日の議運委で説明へ 緊急事態解除めぐり

自民・立民が合意

 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長(17日午前、国会)=共同

自民、立憲民主両党の国会対策委員長は17日、国会内で会談した。首都圏の1都3県で継続している緊急事態宣言の解除をめぐり、菅義偉首相が18日の衆参両院の議院運営委員会に出席し説明することで合意した。

自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に「一つの区切りが付く時期だ。首相も自ら対応したいという意向のようだ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン