/

変異ウイルスとは 首都圏、95%がデルタ型に置き換わる

きょうのことば

▼変異ウイルス 従来の新型コロナウイルスの構造が変化してできたウイルスで、形や特徴、感染力が異なる。世界保健機関(WHO)は懸念される変異に、英国型(アルファ型)、南アフリカ型(ベータ型)、ブラジル型(ガンマ型)、インド型(デルタ型)の4種類のウイルスを分類した。

日本では英国で見つかったアルファ型の感染が2020年末に初めて確認され、いまはデルタ型が猛威を振るっている。感染力はアルファ型より5割程度高いとされる。国立感染症研究所の推計では、首都圏で感染全体の95%、関西圏で80%以上に置き換わった。

ワクチンは変異ウイルスに対しても感染、発症を抑制する効果があるとされる。一方で専門家は感染者を減らすためには従来の想定よりも多くの人が接種する必要性を指摘している。ペルーで見つかった「ラムダ型」を巡ってはWHOの位置づけでは各地で広がるデルタ型より警戒レベルは低い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン