/

この記事は会員限定です

「2プラス2」米中の心理戦 外交トップ協議、主導狙う

[有料会員限定]

外交には心理戦の側面もある。ブリンケン米国務長官は18日に中国の外交担当トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員らとの会談に臨む。バイデン政権になって米中外交トップが初めて対面で協議する。

駆け引きは会談前から始まっている。たとえば米アラスカ州アンカレジに決めた場所選び。ブリンケン氏は就任後初の外国訪問先に日本と韓国を選んだものの、そのまま北京に立ち寄ることはしないと意思表明したことになる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン