/

首相、ファイザーにワクチン追加供給要請 CEOと電話

(更新)
菅首相はファイザーの新型コロナワクチンの追加供給を要請した=ロイター

米国訪問中の菅義偉首相は17日午前(日本時間17日夜)、米製薬会社ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)とワシントンで電話協議した。新型コロナウイルスのワクチンを日本に追加供給するよう要請した。

日本政府の発表によると、首相は「日本の全ての対象者への9月までの確実な供給」に向けて要望した。ブーラ氏は「協議を迅速に進め、日本政府と緊密に連携したい」と答えた。

首相はファイザーによる日本へのワクチン供給に謝意も伝えた。電話はおよそ10分間だった。

日本政府はファイザーと2021年中に1億4400万回(7200万人)分の供給を受ける契約をしている。同社のワクチンは2月に承認され、現在国内で唯一接種できるワクチンだ。

ファイザー以外で供給契約を結ぶ英アストラゼネカや米モデルナのワクチンはまだ承認に至っていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン