/

宮古島市長に座喜味氏

任期満了に伴う沖縄県宮古島市長選が17日投開票され、無所属新人の元県議座喜味一幸氏(71)=立民、共産、社民、沖縄社大推薦=が、無所属現職の下地敏彦氏(75)=自民、公明推薦=を破り、初当選を果たした。投票率は65.64%で過去最低。

玉城デニー知事を支える勢力「オール沖縄」が座喜味氏を推していた。県内の保守系市長グループを束ねる下地氏に勝ったことで、玉城県政に追い風となりそうだ。県内では宮古島に続き、4月までにオール沖縄と保守系の一騎打ちとなる見通しの浦添、うるまの2市長選が控える。玉城氏サイドは勢力拡大を狙う。

来年の知事選での県政奪還を目指す自民党は、宮古島を前哨戦と位置付け、党職員を陣営入りさせるなど異例の支援態勢を取っていた。初戦を落としたことで戦略の見直しが迫られそうだ。

座喜味氏は市民所得の向上を掲げ、保守票を切り崩して多選批判の受け皿となった。下地氏は3期12年の実績をPRし、教育福祉の充実などを訴えたが及ばなかった。

政府が進める南西諸島の防衛力強化に向けた陸上自衛隊配備と弾薬庫建設には両候補とも容認の立場で、争点にならなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン