/

ワクチン接種、期待や注文「情報発信を」「契約開示は」

与野党から相次ぐ

新型コロナウイルスワクチンの国内での接種が始まった17日、与野党から期待や接種態勢への注文の声が上がった。

自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に「経験をしたことのないプロジェクトだ。自治体、医療関係の皆さんの理解と協力をいただいて成功させなければいけないと強く思う」と述べた。

公明党の竹内譲政調会長は「政府はワクチンの有効性や安全性、副反応の状況を積極的に情報発信してほしい」と求めた。

立憲民主党の安住淳国対委員長は米ファイザー社との契約内容の開示を政府・与党に求めた。「日本側が流通や運搬にどこまで権限を持つのかはっきりさせなければ、責任の所在が明らかにならない。国民に深く関わる問題だ」と訴えた。

社民党の福島瑞穂党首は「基礎疾患がある人やいろんな考えから打たない、打ちたくない人がいる」と指摘した。「(接種が)強制にならないような配慮が必要だ」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン