/

米ロ首脳会談「関心もって動向注視」 官房長官

加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、米国とロシアの首脳会談に関し「政府は米ロ両国の動向を引き続き関心を持って注視をする」と述べた。「米国とロシアは国際社会における重要なプレーヤーだ」とも指摘した。

バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は16日に会談し「戦略的安定」についての共同声明を発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン