/

この記事は会員限定です

首相、内閣改造に慎重 接種完了「10~11月の早期に」

[有料会員限定]

菅義偉首相は17日、衆院解散前の内閣改造に慎重な意向を示した。現体制で新型コロナウイルス対策を継続するとの判断だ。ワクチン接種を希望するすべての人への接種完了の目標は「10~11月の早い時期」と前倒しに意欲をみせた。

首相は読売テレビに出演し、ワクチン接種について「いまの内閣で全力を挙げることが大事だ」と語った。「最優先にすべきはコロナ対策だ」と話した。

獲得議席が想定を下回った都議選や酒類提供の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン