/

茂木外相「領海侵入は国際法違反」

茂木敏充外相は16日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入を繰り返す中国海警局の船舶に厳しい姿勢を示した。「断じて容認できない。わが国海域での海警船舶の行動そのものが国際法違反だ」と述べた。外務省は同日、中国政府に対して厳重に抗議している。

中国が海警局に武器使用を認める海警法を施行し、尖閣周辺は接続水域を含め緊張感が高まっている。茂木氏は「中国海警法により、日本を含む関係国の正当な権益を損なうことがあってはならない」と強調した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン