/

この記事は会員限定です

自民総裁選先行論強まる 宣言延長、首相の解散戦略直撃

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は17日、8月末を期限とする緊急事態宣言の延長に踏み切った。感染力が強いインド型(デルタ型)の猛威により誤算が生じた。首相が選んだ次の期限は9月12日で、衆院解散戦略を直撃する。自民党には衆院選前に党総裁選を実施すべきだとの主張が広がる。

首相は8月17日の記者会見で解散時期に関し「(衆院議員の)任期も刻一刻と迫ってきた。選択肢は少なくなってきているが、その中で行わなければならない」と述...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1481文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン