/

英首相、東京五輪開催「全面的に支持」 首脳電話協議

菅義偉首相は16日、英国のジョンソン首相と電話で30分ほど協議した。英国は主要7カ国(G7)の議長国を務めている。日本政府によると菅首相は東京五輪・パラリンピックの開催を巡りG7の協力を求め、ジョンソン氏は「全面的に支持する」と答えた。

今年の主要7カ国首脳会議(G7サミット)は6月に英国で開く予定だ。今月19日にはG7首脳テレビ会議がある。日英の両首脳は電話で、新型コロナウイルス収束後の国際秩序をG7が主導すると確かめた。

50年までのカーボンニュートラルの実現に向けた連携も申し合わせた。英国は11月に開催する第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で議長国を務める。

菅首相は環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請した英国に歓迎の意を伝えた。

日本政府は電話協議後、ミャンマーで発生したクーデターを巡って日英双方が「重大な懸念を共有した」と発表した。中国の香港や新疆ウイグル自治区の人権状況も話し合い、日英が協力して対処すると確認した。

海警法の施行をはじめ東シナ海や南シナ海への進出を強化する中国への警戒を高めていく方針でも一致した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン