/

国の接種センター、20日まで予約埋まる 21日の週には空き

(更新)
自衛隊が運営する大規模接種センターに向かう人たち(大阪市北区の大阪府立国際会議場)

防衛省は16日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで17~20日接種分の予約が埋まったと発表した。21~27日分は16日午後8時時点で東京会場で2万6千人分、大阪会場で2万3千人分が残っている。合計で全予約枠の5割弱の空きがある。

15日時点では東阪合計で20日までの予約が4割、21~27日が8割空いていた。

政府は65歳以上としてきた年齢制限を外し、16日午前0時から18~64歳でも自治体が配布する接種券を持っていれば予約できるようにした。同日午後8時までに20日までの予約は埋まった。キャンセルが出た分は前日まで予約を受け付ける。

加藤勝信官房長官は16日の記者会見で「予約対象を拡大した効果は表れている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン