/

首相「感染者高止まり、真摯に受け止め」 

「勝負の3週間」で

菅義偉首相は16日夜、新型コロナウイルスの感染拡大に関し「様々な対策を講じてきたが感染者が高止まりしている状況を真摯に受け止めている」と述べた。「国民の命と暮らしを守るために全力を挙げて取り組みたい」と強調した。政府は11月25日に「勝負の3週間」と表明し、16日は3週間目にあたっていた。首相官邸で記者団に答えた。

政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の年末年始の一時停止や飲食店の営業時間の短縮などを説明した。都道府県をまたぐ往来の自粛を要請するかどうかを問われると「現時点ではない」と語った。

西村康稔経済財政・再生相は11月25日の記者会見で、医療体制が脆弱になる年末年始に備え「感染拡大を抑えられるかどうか大事な3週間だ」と指摘した。「勝負の3週間」と表現し感染対策の徹底を呼びかけたほか、感染増加を抑えられなければ「緊急事態宣言が視野に入ってくる」との危機感も示した。

専門家からなる新型コロナウイルス対策分科会は同日、感染対策が徹底できない場合は、感染状況が2番目に深刻な「ステージ3」に相当する地域との往来を当面自粛するよう求める提言をまとめていた。「Go To トラベル」で感染が拡大する地域からの出発分も一時停止の検討を要請した。

政府は提言を受け27日、札幌・大阪両市を目的地とする旅行の事業停止に加え、出発分の旅行にも自粛要請を出した経緯がある。その後、12月28日から来年1月11日まで「トラベル」事業を全国一斉に一時停止することも決めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン