/

この記事は会員限定です

米軍駐留費協定、1年延長 日本負担2000億円維持で合意 

次期交渉、資金より抑止力重要に

(更新) [有料会員限定]

日米両政府は17日、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を定める特別協定について、3月末までの期限を1年間延長すると合意した。日本側の2021年度負担は過去5年間と同水準の2000億円程度となる。22年度以降の対応は改めて協議する。

茂木敏充外相は外務省で記者団に「バイデン政権発足後の早いタイミングで合意に至ることができた。日米同盟の信頼性を高め、国際社会に発信するものだ」と語った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン