/

首相、コロナ病床増に意欲 医師が看護師らの収入増提言

菅義偉首相は16日、首相公邸で東京慈恵会医科大の大木隆生教授と面会した。新型コロナウイルスに対応する医療提供体制を巡り意見を交わし、大木氏は医師や看護師の給与を上げることなどをすれば病床拡大につながると提言した。首相は「久しぶりに明るい話を聞いた」と答えた。

大木氏が面会後、記者団に語った。日本には民間病院が多いことを挙げ「志だけではできないので、より有効な財政支援を政府にお願いした」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン