/

首相の公邸未入居、無駄遣い否定 政府が答弁書

首相公邸(手前)と首相官邸

政府は16日の閣議で、菅義偉首相が官邸に隣接する公邸に入居していないことに関し「税金の無駄遣い」には当たらないとする答弁書を決定した。昨年9月の首相交代に伴い、内装補修などの経費に約439万円かかったとも明らかにした。

年間の維持管理費は官邸と一体管理しているとして示さなかった。公邸は2005年から旧官邸を衣替えする形で使われ、総工費は約86億円。

首相公邸(2010年8月、東京・永田町)

質問主意書を提出した立憲民主党の江田憲司衆院議員は、リフォームを行うなど多額の税金を投入しているのに、公邸に入居しないのはおかしいと理由をただした。

答弁書は各国首脳との電話会談での使用例を挙げ「入居するか否かにかかわらず、機能を果たしている」と反論した。

入居しない理由については「諸般の状況を勘案しつつ判断している」との説明にとどめた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン